iPhoneXユーザがRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討

Rakuten UN-LIMITが6月17日までの期間限定でRakuten Mini一括1円のキャンペーンを開始しました。

定価は2万円近くするので、さらにおトク感が増しました。

もちろん1年料金無料キャンペーンの対象でもあります。

筆者はiPhoneXユーザのため、Rakuten UN-LIMITを使用できる端末がありませんでした。

そのため次世代iPhoneが発売されるまで、指をくわえて待っているつもりだったのですが・・

今回のキャンペーンを受けてRakuten UN-LIMITの申し込みを決意しました。

その検討経緯をまとめました。


iPhoneXユーザが乗り換えに二の足を踏む理由

  1. Rakuten UN-LIMITで提供されるSIMが使用できない
  2. 電話使い放題にならない
  3. 楽天回線⇔パートナー回線(au)が自動で行われない

1はiPhoneXやiPhone8のユーザのみの理由で、2,3は全てのiPhoneユーザがに当てはまります。

詳細はこちらの記事にまとめています。

iPhoneXユーザが乗り換えを決めた理由

今回のRakuten Min1円キャンペーンを受けて、Rakuten UN-LIMITで享受できるメリットは以下の3つと考えています。

  1. 1年間無料
  2. 通信容量上限なし(楽天エリアのみ)
  3. Rakuten Miniが1円

今回のキャンペーンによって3が追加されたことによって、乗り換えを決めました。

今回決断をした理由は

  1. Rakuten MiniがあればテザリングでiPhoneXが使用できる
  2. Rakuten Miniの分(約2万円)が追加でおトクになった
  3. キャンペーンによって楽天ユーザが急激に増加して300万人を超える可能性

です。

とくにテザリング運用でiPhoneXが使用できることが決め手です。

2台持ちは正直なところ面倒ですが、次世代iPhoneにはかなり期待しており購入を考えています。

Rakuten UN-LIMITはiPhoneXs,Xr以降のiPhoneは使用できますので、最新のiPhoneも使用できる可能性が高いです。

次世代iPhoneは例年通りであれば今秋発売されますので、もう半年もありません。


もう1つの今秋までキャンペーンが継続していたとしても、次世代iPhone発売にあわせてRakuten UN-LIMITの申し込みが急増するのでないかという懸念です。

筆者自身がそう考えていたように、次世代iPhoneもeSIMが使用できる可能性が高く、Rakuten UN-LIMITへの乗り換えも容易です。

1年間無料がなくなってから後悔しないために、今回申し込むことを決めました。


あとがき

1年間無料のキャンペーンはいつ終わるかわかりません。

次世代iPhoneが発売されるまで継続しているのであれば、筆者の場合も待つのが最適でしょう。

個人個人の契約状況など最適な選択肢は変わってきます。

この記事がRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討されている方の、検討材料の1つになれば幸いです。

そして申し込みしようとしたら繋がらないという・・



SNSでもご購読できます。

コメントを残す