iOS12で追加された計測アプリを使用してみました

iOS12で追加された計測アプリを使用してみました。

ARでカメラに写したものの長さを計ることができるアプリです。

計測アプリの起動

↓のアイコンから計測アプリを起動します。

 

起動をするとiPhoneを動かすようにメッセージが表示されます。

写し出される画像を立体的にとらえるために必要な操作なのでしょう。

iPhoneを少し動かすと計測が開始できる状態になります。

 

計測実施

計測したい対象の角を選択し、画面下の⊕をタップすると計測ポイントを決定できます。

 

2辺を引くと↓ような感じで長さが表示されます。

誤ってポイントした場合は左上の戻るアイコンをタップすれば1つ操作を元に戻せます。

右上のごみ箱アイコンでも削除可能です。

 

その他機能

長方形のものは一辺ずつ長さを計らなくても一括で長さが計れる機能があります。

長方形の物体をカメラに写すとオレンジ色の枠線が表示されます。

この状態で̟̟⊕をタップすると

 

↓の用に2辺の長さと面積が表示されます。

これはなかなか便利です。

 

物の長さと別に水準器の機能があります。

地面に対する角度や傾斜(水平、垂直、45度など)を計ることができます。

アプリの右下の水準器をタップすると計測できます。

試しに家の床に置いてみると

1度傾いているようです・・

 

まとめ

使用頻度の高いアプリではありませんが引っ越しなどで家具配置を検討する際には重宝しそうです。

新しい家の内見の際に家の傾きを確認するために水準器も使えます。

 

上記のノートPC計測の結果を見てもわかるように1cm程度の誤差が出るようです。

極めて正確な値が必要な際には誤差がでることを認識したうえで使用するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す