iOS12で追加されたショートカットを作成してみました

iOS12で追加されたショートカットを作成してみました。

自宅への経路検索をショートカットとして登録してみました。

何度も繰り返し行っている作業を登録しておくと、毎回同じ操作をしなくて良いので楽になります。

ショートカットのインストール

ショートカットはiOS12にアップデートしても自動で使用できるようになるわけではありません。

AppStoreから別途ショートカットアプリをインストールする必要があります。

 

経路検索のショートカット作成

ショートカットアプリを起動し、ギャラリーを確認。

個別に0から作成することもできますが、テンプレート的なものがギャラリーで紹介されています。

ギャラリーからショートカットを選択すると必要な情報を設定するようにガイダンスしてくれます。

 

ここでは「自宅への経路」を選択します。

選択するとマップアプリを使用してショートカットを作成するメッセージが表示されます。

「ショートカットを取得」を選択します。

 

自宅の住所聞かれるの記載します。

もちろん筆者は東京タワーに住んでいません・・

つまり勤務先などよく行く場所への経路検索のショートカットを作成できる機能として使用できます。

 

市区町村の入力を求められます。

省略しても東京タワーは特定できそうなので省略します。

 

標準のマップアプリしか使用できないかと思っていましたがGoogle Mapsも使用できるようです。

使い慣れているGoogle Mapsを選択します。

 

完了するとライブラリに登録されます。

照会すると先ほど入力した内容が表示されます。

ここから訂正も可能なのと、ここまでの手順で設定できなかった都道府県や郵便番号、交通手段(モード)が選択できます。

上部の▶をタップするとショートカットが実行されます。

 

実行結果が以下です。

これがワンアクションで表示されるのはいい感じ。

 

Siriから呼び出しできるように設定も可能です。

画面中段の「Siriに追加」をタップ。

 

画面下の赤丸タップ後にキーワードをしゃべります。

そうするとSiriにキーワードが記憶され、Siriから直接ショートカットを実行可能になります。

 

まとめ

ギャラリーを見ると他にもいろいろできそうなので、気になったものを調べて見ると日頃の操作が楽ちんになるかもしれません。

ギャラリーにはMusic、カレンダー、写真、インターネットなどのジャンル毎にテンプレートが用意されています。

 

Google Mapsなどの一部のサードパーティ製アプリも含まれていますが、現時点ではほぼAppleのアプリが中心です。

乗換案内やサードパーティの使いなれているブラウザなどが対応してくると、更に使用用途が広がりそうで今後に期待です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す