iPhoneXユーザはiPhoneXsを購入するか否か

iPhoneXユーザの中にはiPhoneXsにあまり変化を感じられず購入を躊躇している人もいるのではないでしょうか。

私自身も悩んでいる一人です。

以前に1年毎、2年毎、4年毎の買い替えサイクルごとに運用費比較をした際には1年毎と2年後の差は4年間で約3万円でした。

4年間で3万円しか違わないなら買ってしまいそうになる誘惑・・

 

1年前に比較したものなので2018年9月時点のプランであらためて試算してみました。

条件は

  • 機種変更
  • 一定時間カケホあり
  • パケット20GB
  • 容量64GB

で試算します。

 

1年毎の買い替え

 

iPhoneXsに買い替えるタイミングなので下取りはiPhoneXを対象としました。

下取りに相当する手段として考えたのは

  • ヤフオクで販売 約63、000円(直近の中古iPhone X 64GBの落札相場は約7万円の手数料10%考慮)
  • auの機種変更時の下取り 63,720円
  • アップグレードプログラムEX(a) 64,080円

ここでは一番高いアップグレードプログラムEX(a) 64,080円で計算します。

 

割賦残は1年毎の買い替えなので半額64,320円が残っている状態です。

 

運用費は1年間で119,136円、2年間で238,272円、4年間で476,544円です。

 

2年毎の買い替え

iPhoneXsに買い替えるタイミングなので下取りはiPhoneXを対象としました。

下取りに相当する手段として考えたのは

  • ヤフオクで販売 約43,994円(直近の中古iPhone7 32GBの落札相場は約3万円、定価79,200円の約38%なのでiPhoneXsの定価128,640円の38%の48,883円、手数料10%考慮して43,994円)
  • auの機種変更時の下取り 38,592円(2年落ちのiPhone 7が23,760円なので、iPhoneXsの定価で換算すると38,592円)
  • アップグレードプログラムEX 54,960円(64,320円-9,360円(390円*24か月))

ここでは一番高いアップグレードプログラムEX 54,960円で計算します。

 

割賦残は2年毎の買い替えなので残額はない状態です。

 

運用費は2年間で199,776円、4年間で399,552円です。

 

比較結果

1年毎に買い替えた場合の4年間の運用費は476,544円。

2年毎に買い替えた場合の4年間の運用費は399,552円。

差額は76,992円となりました。

 

1年前よりも差が広がってしまいました。

スマホ応援割とiPhoneギガトクキャンペーンが1年間のみの適用なので差が縮まるかと思いましたが

アップグレードプログラムEXで2年毎の買い替えの方がお得度があがっているようです。

 

比較した結果、ますます悩むことになってしまいました。。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す