iPhoneXsの機種変更の運用費比較(docomo、au、SoftBank、格安SIM(mineo))

iPhoneXsをaudocomoSoftBank格安SIM(mineo)で購入した場合の運用費をそれぞれシミュレーションしてきました。
各キャリアのシミュレーション結果をまとめました。

シミュレーション結果

シミュレーションは

  • 機種変更
  • 64GBモデル
  • パケット契約は20GB(SoftBankは50GB)
  • 一定時間カケホあり

の条件で行いました。

キャリア

期間

合計支払額

最安値との比較

docomo

1年目

¥141,264

2年目

¥141,264

2年間合計

¥282,528

¥31,032

au

1年目

¥115,896

2年目

¥135,600

2年間合計

¥251,496

¥0

SoftBank

1年目

¥138,336

2年目

¥151,296

2年間合計

¥289,632

¥38,136

mineo

1年目

¥192,324

2年目

¥70,500

2年間合計

¥262,824

¥11,328

比較結果

3大キャリア中ではau>docomo>SoftBankとなりauが一番安いという結果になりました。

auに比べてdocomoとSoftBankが3万~4万程度高くなる結果になりました。

格安SIMのmineoも20GBの大容量プランでは3大キャリアと大差のない運用費になってしまいました。

 

docomoは今回のiPhoneXs向けのキャンペーンが今のところありませんので、今後の発表に期待したいところです。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。