次世代iPhoneのリーク情報まとめ

次世代iPhoneの発表は9/12に行われる予定です。

発表を前に多くのリーク情報が出てきています。

次世代iPhoneのラインナップ

ラインナップが以下の3モデルになることは、いくつかのリーク元があることとケースなどの作成しているメーカーのモックも一致していることから、かなり確度は高そうです。

実際に上記の名前になるかわかりませんが、それぞれのリーク情報をまとめると以下の通り。

一番右は現在発売中のiPhone Xです。

iPhone XS Plus

iPhone XS

iPhone(2018)

iPhone X

ディスプレイ

有機EL6.5インチ

有機EL5.8インチ

液晶6.1インチ

有機EL5.8インチ

カラーバリエーション

ブラック、ホワイト、ゴールド

ブラック、ホワイト、ゴールド

グレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジ

スペースグレー、ホワイト

カメラ

デュアルカメラ

デュアルカメラ

シングルカメラ

デュアルカメラ

価格

約11万 円

約10万円 

 約9万円

112,800円(64GB)

129,800円(256GB)

チップセット

A12

A12

A11

A11

認証

Face ID

Face ID

Face ID

Face ID

ストレージ

64GB、256GB、512GB

64GB、256GB、512GB

64GB、256GB

64GB、256GB

RAM

4GB

4GB

3GB

3GB

 

所感

ディスプレイの種類・サイズ、カメラ、認証はかなり確度が高いと思われます。

一方で価格についてはiPhone XSに比べてiPhone(2018)は廉価版のような印象を受けるリーク情報が多いですが、価格差が1万円程度です。

もう少し安くないと差別化が難しく、スペック的にも約8万円程度になるような気がしています。

 

 

その他の情報

デュアルSIMに対応

1つのiPhoneに複数のSIMが挿せるようになる可能性があります。

用途にわけて2つのSIMを持っているけど端末は1つで良いのに・・というケースで活きてきます。

プライベート用と仕事用、通話用とデータ通信用などが想定されます。

参考:次世代iPhoneで期待されるデュアルSIMの運用を考えてみる

急速充電用の充電器が同梱される

急速充電用の充電器が同梱される可能性があります。

急速充電を行う場合は端末と充電器のそれぞれが急速充電に対応している必要があります。

iPhone自身は急速充電に対応しているのですが、iPhoneXまでに同梱されている充電器は急速充電には対応していませんでした。

わざわざ買うほどではないけど、あったらうれしいアイテムです。

公式では「iPhone を 30 分で最大 50 % まで高速で再充電できます」とうたっています。

ヘッドフォンジャックアダプタが同梱されない

Lightning端子をイヤホンジャックに変換するアダプタがiPhone本体に同梱されない可能性があります。

イヤホンジャックを本体から廃止する流れはAppleの無線推しによるものと考えられ、有線のイヤホンが使用できなくなるかもしれません。

同梱されないだけで今後も別売される可能性はあります。

上記のリーク情報が本物だとするとイヤホンそのものも同梱されないことが考えられます。

Apple Pencilに対応(8/19追記)

iPadのみで使用できていたApple PencilがiPhoneでも使用できるようになる可能性があります。

iPadに比べるとiPhoneは画面が小さいので使用感がどこまでのものになるかわかりませんが、新しいアイテムが追加されるのは楽しみです。

ネーミング(9/9追記)

iPhone XS Plusについて「iPhone XS Max」という名前もリーク情報として出てきています。

発売までのスケジュール(9/9追記)

9/12(日本時間では9/13早朝)のAppleのイベントで次世代iPhoneの発表が行われることはまず間違いないでしょう。

発売までのスケジュールは過去の傾向から、9/14(金)に予約が開始されて9/21(金)が発売日とする予想が多いです。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す