次世代iPhoneで期待されるデュアルSIMの運用を考えてみる

次世代iPhoneでデュアルSIMが対応されるとの予測が出回っています。

デュアルSIMが可能となった場合に、「毎月の端末割引を受けるための3大キャリアとの契約」+「通信料を安くするため格安SIM」の運用が現実的か試算してみました。

デュアルSIMとは

なんとなく複数のSIMが挿せるのだろうということはわかりますが、詳しく知らないので何ができるかを調べてみました。

 

まずは当然ですが複数枚のSIMを1つの端末に挿せるということです。

そのうえでデュアルSIMシングルスタンバイ(DSSS)とデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)の方式がるとのこと。

何が違うのかと言うと

 

デュアルSIMシングルスタンバイ(DSSS)

2枚SIMを挿すことはできますが同時に有効に使用できるSIMは1枚です。

SIM1枚目を有効にしているとSIM2枚目は無効となっており、有効にする場合には手動で切り替えを行う必要があります。

手動と言ってもSIMを差し替えるという意味ではなく、スマホ内の操作で切り替えはできるようです。

 

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)

2枚のSIMを両方とも有効な状態で使用できる方式です。

両方のSIMが有効なのでどちらのSIMも受電することができます。

SIM1枚目でも電話がかかってくるし、SIM2枚目でも電話がかかってくるということです。(DSSSでは片方が無効なので電話はかかってこない)

仕事用の携帯を別に持つのが面倒くさい・・というビジネスマンには良さげです。(アドレス帳が共用だと問題があるかも)

 

ちなみに次世代iPhoneで予測されているのは後者のデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)です。

上位互換の方式でなによりです。

 

運用プランの検討

次世代iPhoneのプランは当然わかりませんので、現時点の最新機種であるiPhoneXに適用できるプランで検討します。

以下の3パターンで比較してみます。

  • 3大キャリアで購入
  • SIMフリー端末+格安SIM
  • 3大キャリアで購入+格安SIM(デュアルSIM)

条件はパケット5GB、一定時間カケホありとしました。

 

3大キャリアで購入した場合(ここではdocomo)

 

※シミュレーションはこちらで実施

 

2年の運用費は約25.3万円です。

 

SIMフリー端末+格安SIMの場合

※シミュレーションはこちらで実施

 

2年の運用費は約20.4万円です。

キャリアは通信品質・料金のバランスで考えてmineoで試算しています。

5GBのプランはないので6GBで試算しています。



3大キャリアで購入+格安SIM(デュアルSIM)の場合

 

※シミュレーションはこちらで実施

 

三大キャリアで通信料を最大限下げて一番安く購入できそうなauのピタットプラン下限(1GB以下の通信使用)で約19.6万です。

これに加えてmineoのデータ通信のみのSIM5GBで考えると1,580円*24か月で37,920円(約3.8万円)です。

あわせて約23.4万円です。

 

まとめ

2年間の運用費

最安値との差

3大キャリアで購入した場合

約25.3万円

+4.9万円

SIMフリー端末+格安SIM

約20.4万円

0円

3大キャリアで購入+格安SIM(デュアルSIM)

約23.4万円

+3万円

そんなに美味い話はありませんでした。

SIMフリー端末+格安SIMの方が3万円ほど安い結果になりました。

3大キャリアの契約は残しておきたいけど、できるだけ安くしたい人向けでしょうか。。

 

特殊な例ですが以下のプランであれば「3大キャリアで購入+格安SIM(デュアルSIM)」が最安となります。

SoftBankの家族データシェアの子回線を前提としたプランです。

別回線でシェアパックを組んでいることが前提にはなりますが、このプランでは3大キャリア契約が約12.2万円、格安SIM契約が約3.8万円で合計16万円となり最安プラントなります。

docomoもシェアプラン前提だと約17.4万円になります。

auは同様のプランはないのでこの方法は使用できません。

 

親回線を契約する前提があれば新しい選択肢になりそうです。


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す