iPhoneを1年毎に機種変更した場合のシミュレーション

1年毎にiPhoneを買い替えた場合のシミュレーションを行ってみます。

ここ数年は毎年auの機種変更で新しいiPhoneを購入しています。

契約プランによっても優劣は異なると思いますが、今回は通話一定時間無料、パケット5GBでシミュレーションしてみます。

下取り価格と割賦残

割賦残は1年毎の機種変更なので機種代金の半額を設定しています。

下取り価格は以前に一年落ちのiPhoneの売値を確認した際に「機種代金×1.88」でしたのでこちらを使用しています。

au

docomo

SoftBank

 

mineo

まとめ

3大キャリアは9万円以上、mineoは8万円台となりました。

auとmineoがちょうど1万円ほどの差です。

1年で1万円の差であれば3大キャリアの安心感が勝るという人も多いかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す