iPhoneXのカメラでポートレートモードを使用してみた

ずっとiPhoneはplus版は購入していなかったのでカメラにポートレートモードはありませんでした。

調べてみて知ったのですが

ポートレートモードでは、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X に搭載されているデュアルカメラを使って、被写界深度エフェクトを適用できます。

とあるようにPlus以外では初めてiPhoneXで追加されたモードのようです。

背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。iPhone 8 Plus や iPhone X では、魅力的な照明エフェクトを写真に適用することもできます。iPhone X の TrueDepth カメラなら、ポートレートモードでセルフィーを撮ることだって可能です。

何やらiPhone 8 PlusとiPhone Xは「魅力的な照明エフェクトを写真に適用すること」ができるようです。

これを試してみます。

ポートレートライティング

「魅力的な照明エフェクトを写真に適用する」機能はポートレートライティングと呼ばれます。

自然光

スタジオ照明

輪郭強調照明

ステージ照明

ステージ照明(モノ)

の5種類のライティング方法が選べます。

 

まずは普通のカメラで撮影

録った対象に意味はありませんがたまたまコンビニで購入したドリンクです。

特に何の変哲もない写真ですね

 

自然光

背景がぼやけているのが良くわかります。

キャップの下の部分は透明すぎて背景と誤って認識しているのでしょうか・・

 

スタジオ照明

自然光と比べてキャップの下もしっかり認識されて背景のみぼやけた状態になりました。

また、床を見ると自然光に比べて光が強くなったことがよくわかります。

 

輪郭強調照明

輪郭が強調されペットボトルが少し細くなったような・・気はしませんね。

何か分かりやすい違いを見つけようとしましたがスタジオ照明と余り違いがわかりません。

輪郭強調なので人の顔を録るような場合に違いが出るのでしょうか。
自撮りでもこのポートレートライティングができるようなので試してみると
顎のラインが少し暗くなり確かに輪郭が強調されていました。
モノを録るときには余り意味がないのかもしれません。

 

ステージ照明

これは非常に分かりやすい効果ですね。

ぼかしがかかっていた部分がほぼまっくろになりました。
その中でペットボトルだけはしっかり写っています。
キャップの下はまっくろですが・・

 

ステージ照明(モノ)

モノ=物だと思っていたらモノクロのことでした。

しつこいですがキャップの下はきちんと表示されました。

でもなんか少し怖いですね。。

 

iPhoneXを購入してまだポートレートモードを使用していない方は是非一度試してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す