iPhoneXで無線充電!! iPhone8も!!

iPhone8、iPhoneXはQi規格の無線充電が可能となっています。
しかし、本体購入時に付いてくる充電器は従来の有線の充電器です。
無線充電を行うためには別途無線の充電器を購入する必要があります。

Apple純正のAirPower

iPhoneではiPhone8ではじめて無線充電が導入されました。
そのためかまだAppleから純正の充電器は販売されておらず
2018年に発売することだけが発表されており具体的な時期・価格は未定です。
分かっている仕様としてはiPhone、Apple Watch、AirPodsなどがまとめて3台充電できます。
Apple製の製品をいくつも持っているユーザには重宝しそうです。

 

AirPower価格はいくらになるでしょうか。

AppleStoreで購入できるサードパーティ製のQi無線充電器

iPhone8発売にあわせてAirPowerは発売されませんでしたがAppleのサイトでサードパーティ製の2つの無線充電機が発売されています。
mophie wireless charging baseBelkin Boost Up Wireless Charging Padがそれぞれ¥6,980です。

mophie wireless charging base
 

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad

いずれも充電可能な端末は1台です。
3台充電できるAirPowerは単純計算で約¥7,000×3=¥21,000!?
これはあまりにも単純計算過ぎますがApple製品の他の価格設定もみても¥15,000以上はするのではないでしょうか。

おすすめQi無線充電器

私が実際に使用している無線充電器を紹介します。
iPhone8購入のタイミングでAnker PowerPort Qiを購入しました。
モバイルバッテリーなどでも有名なAnkerのQi無線充電器です。

私が使用しているのは1つ目のAnker PowerPort Qi(5W)です。
今現在(10/28時点)は2つ目の10W版もあるようですが
iPhone8発売当初は人気があったのか在庫切れの状況で泣く泣く5W版を購入したのを覚えています。

現在職場で使用しているのですがデスクに向かっている際にはケーブルを気にせずに気軽おけて
席を離れる際にも簡単に持っていけるのでとても重宝しています。

社会人にとってケーブルの抜き差し頻度が一番高いのは職場ではないでしょうか。
現に以前に職場で使用していた有線のLightningケーブルは被膜が剥がれてむき出しの状態になってしまいました。
iPhone本体のコネクタ部分もダメージが蓄積していき、最悪の場合は接触不良で充電できなくなる!!なんてこともあるようですよ。

充電速度についてはたしかに有線よりは遅い感覚はあります。(感覚的には7割くらい?)
しかし、急速に充電が必要な状況は職場に居る状態では発生せず常にデスクに居るときは置いている状態なので充電速度が問題になるようなことはありません。

Ankeyは安心して購入できるブランドです。
無線充電の利便性を一度体験すると有線は面倒くさくて戻れなくなります。
iPhoneXの購入とあわせて是非ご検討を!!

急速充電には現時点では未対応

有線の充電器で急速充電をうたっている製品が多数販売されているかと思います。
目にするのはQuick Charge3.0やUSB PDなどでしょうか。
無線でも急速充電が可能でQiの規格上は最大15Wの給電をサポートしています。

ここで注意してほしいのはiPhone8、iPhoneXともに無線充電はもちろんできるのですが急速充電には対応していないということです。
これから先ずっとできないということではなく年内のソフトウェアアップデートで可能になるということです。
ですので現時点で意気揚々と先ほどのAnker PowerPort Qiの10Wも購入したとしても5W以上のパフォーマンスはでません。(10Wを買えなかった負け惜しみではありません!!)

また、他の無線充電器はわかりませんがAnker PowerPort Qiで急速充電を行う場合にはQuick Charge3.0対応の充電器を別途購入する必要があります。
5Wの無線充電を導入するのに比べると導入コストがそれなりにかかりますのでご注意を。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す