Rakuten miniからiPhone12 miniに機種変更(eSIM)

無事 iPhone12 miniのセットアップが完了したので、eSIMの移行を行いました。
はじめての試みで、手順がどこを参照して良いか分からなかったり少し手間取りました。

実施手順

楽天モバイルにログインを行い、メニュー⇒my楽天モバイル⇒契約プランを選択。



各種手続き⇒SIM交換を選択。




SIM交換・再発行の理由、eSIMを選択して「再発行をする」を選択。

あとで気づきましたがSIM交換・再発行の理由に「紛失・盗難」を選択していたようです・・
特に問題はありませんでしたが、「その他」を選択するのが無難かと思われます。




再発行を確定するとメールが来ます。

メール下部の「SIM交換をされた方」の手順に沿って進めます。




「メニュー⇒my楽天モバイル⇒申し込み履歴」から該当の申込を選択。

「開通手続きをする」を選択。




QRコードが表示されるので、iPhone12 miniで読み込む。




そして進めていくと・・何も変わらない。

手順的なものもQRコードを表示しているページや楽天モバイルからのメールにもなく、何をしたらいいのかわからない状態になりました。

調べてみると「モバイルデータ通信」周りを設定しなければならないようです。

いくつかのサイトを参考にしながら以下の様に進めていきました。

設定→モバイル通信




モバイルデータ通信をON。
通信のオプションを選択。




音声通話とデータを選択。




上部のLTE、下部のVoLTEをON。




いくつか戻って「モバイルデータ通信ネットワーク」を選択。




APNに「rakuten.jp」を入力。




ここまでやってやっと繋がりました。。




iPhoneは正式サポートしているわけじゃないから、案内が不十分なのでしょうか。

1つ1つ調べながらのeSIM移行となりました。

iPhone12 miniの開封とセットアップ

本日、iPhone12 miniが自宅配送されました。
久しぶりの機種変更に四苦八苦しました・・

開封

前評判通り箱は厚みがなくなっています。

iPhoneXと比べてみるとこんな感じ。
結構厚みが違います。

いざ開封してみると思っていたよりも小さくないように感じました。
久しぶりの小型化に勝手に期待を抱いていたかもしれません。

手持ちの端末と比べてみました。
左からiPhoneX、iPhone12 mini、Rakuten Miniです。
高さはそこまで違いを感じませんでしたが、幅は小さくなっているのがよくわかります。

背面はiPhoneXと比べて色味がピンクや黄色ががかったようにように見えます。
個体差じゃないですよね・・
iPhone12 miniだけを使ってる分には気になりませんが、比べてみると気になるかも。

セットアップ

右端ボタンを押して電源を起動します。
いつもの「こんにちは」画面が起動して進めていくと自動的にクイックスタートがはじまりました。
何も準備していなかったので、勝手に案内してくれるのは助かる。

・・がしかし
20分待っても一向に↓の画面から進まない・・

調べてみると同じようにクイックスタートの画面で進まなくなる人が結構いるようでした。

調べた中では以下のような対策があげられています

  1. iOSのバージョンを最新化する
  2. Bluetoothが起動しているか確認する
  3. 再起動する
  4. 他のiOS機器から離す
  5. iPhoneをリセットする

しかし、何を試しても問題は解消しませんでした。

iPhone8からiPhoneXの時はクイックスタートでうまくいったので、クイックスタートで頑張ろうと粘った結果、1時間ほぼ無駄にしました・・

結局伝統的なiTuneへのバックアップ⇒復元の手順を踏むことになりました。
最初から準備しておけば良かったと後悔。

ご参考までにバックアップ・復元にかかった時間です。
iPhoneの容量は64GB中約20GBが空きの状態です。

  • iPhoneXのバックアップ時間:約20分
  • iPhone12 miniへの復元時間:約20分
  • 復元後のアプリインストール時間:約40分

最後の「アプリインストール時間」はインストールしているアプリやネットワークの速度よってまちまちだと思いますが、容量に対するバックアップ・復元の時間は概ね同じになるかと思われます。

ほぼすべてのアプリは復元のみで利用できる状態になりました。
今回個別に対応したのはSuicaとLINEのみです。

  • Suicaは例によって旧端末のWalletから削除
  • ApplePayのカード追加
  • LINEは設定→アカウント引き継ぎ

SuicaやApplePayは以前から変わりませんね。(過去の記事はこちら

LINEは最近できたメニューでしょうか。
今までは履歴を保存するようことを行っていた記憶があります。
今回は↑の「アカウント引き継ぎ」のみで履歴も移行されていました。

まとめ

前もって移行手順は復習してきましょう。(戒め)
クイックスタートはできなかったらさっさと諦めて、iTuneに移行しましょう。

せっかく新しく買ったスマホなので、早く使いたいですしね。

iPhoneXユーザがRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討

Rakuten UN-LIMITが6月17日までの期間限定でRakuten Mini一括1円のキャンペーンを開始しました。

定価は2万円近くするので、さらにおトク感が増しました。

もちろん1年料金無料キャンペーンの対象でもあります。

筆者はiPhoneXユーザのため、Rakuten UN-LIMITを使用できる端末がありませんでした。

そのため次世代iPhoneが発売されるまで、指をくわえて待っているつもりだったのですが・・

今回のキャンペーンを受けてRakuten UN-LIMITの申し込みを決意しました。

その検討経緯をまとめました。


iPhoneXユーザが乗り換えに二の足を踏む理由

  1. Rakuten UN-LIMITで提供されるSIMが使用できない
  2. 電話使い放題にならない
  3. 楽天回線⇔パートナー回線(au)が自動で行われない

1はiPhoneXやiPhone8のユーザのみの理由で、2,3は全てのiPhoneユーザがに当てはまります。

詳細はこちらの記事にまとめています。

iPhoneXユーザが乗り換えを決めた理由

今回のRakuten Min1円キャンペーンを受けて、Rakuten UN-LIMITで享受できるメリットは以下の3つと考えています。

  1. 1年間無料
  2. 通信容量上限なし(楽天エリアのみ)
  3. Rakuten Miniが1円

今回のキャンペーンによって3が追加されたことによって、乗り換えを決めました。

今回決断をした理由は

  1. Rakuten MiniがあればテザリングでiPhoneXが使用できる
  2. Rakuten Miniの分(約2万円)が追加でおトクになった
  3. キャンペーンによって楽天ユーザが急激に増加して300万人を超える可能性

です。

とくにテザリング運用でiPhoneXが使用できることが決め手です。

2台持ちは正直なところ面倒ですが、次世代iPhoneにはかなり期待しており購入を考えています。

Rakuten UN-LIMITはiPhoneXs,Xr以降のiPhoneは使用できますので、最新のiPhoneも使用できる可能性が高いです。

次世代iPhoneは例年通りであれば今秋発売されますので、もう半年もありません。


もう1つの今秋までキャンペーンが継続していたとしても、次世代iPhone発売にあわせてRakuten UN-LIMITの申し込みが急増するのでないかという懸念です。

筆者自身がそう考えていたように、次世代iPhoneもeSIMが使用できる可能性が高く、Rakuten UN-LIMITへの乗り換えも容易です。

1年間無料がなくなってから後悔しないために、今回申し込むことを決めました。


あとがき

1年間無料のキャンペーンはいつ終わるかわかりません。

次世代iPhoneが発売されるまで継続しているのであれば、筆者の場合も待つのが最適でしょう。

個人個人の契約状況など最適な選択肢は変わってきます。

この記事がRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討されている方の、検討材料の1つになれば幸いです。

そして申し込みしようとしたら繋がらないという・・



UQmobileの新プラン(スマホプランR)はおトクなのか

Rakuten UN-LIMITへの対抗とも言われているUQmobileの新プランを検討しました。

月額2,980円でデータ容量10G、容量超過後も1Mbpsの通信が可能というプランです。

楽天と筆者が契約しているmineoと気になる点を比べてみました。


比較結果

UQmobile
スマホプランR
楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT
mineo
Aプラン10GB
 データ容量10GB 無制限
楽天エリア外は5GB 
10GB
 料金(税抜き)2,980円  2,980円3,130円
 容量超過後の通信速度 1Mbps  1Mbps
楽天エリア外のみ
200kbps

結果を見るとすべての面でmineo<UQmobileとなりました。

mineoは6GBのプランがあるので、7GB以上の容量が必要な人はUQmobileを選択した方が良さそうです。

UQmobileと楽天モバイルの主な選択基準は通信エリアになりそうです。

楽天エリア内にお住いの方は楽天、お住まいでない方はUQmobileが妥当と思います。

他の楽天を選択する理由としては

  • 1年間無料
  • 通話無料(iPhoneは現時点では不可)
  • データ容量に制限なし(楽天エリアのみ)

が考えられます。


他にUQmobileを選択する理由としては

  • UQ家族割、ギガMAX割引 -500円

くらいでしょうか。


楽天とUQmobileがかなり価格を抑えてきたことで、他の格安SIMはこのままの料金体系ではやっていけないのではないでしょうか。

メインの大容量プランは大手、少ない容量のプランは格安SIMのように住み分けが進むのかもしれませんね。

価格競争によってさらにユーザがお得になることを願います。

rakutenunlimit rakutenunlimit

次世代iPhone(iPhone12)のうわさ情報まとめ

例年通り今秋の発売が期待される次世代iPhone(iPhone12相当)について、うわさやリーク情報を集めてまとめました。

コロナの影響で例年通り発売されるかどうかも心配なところです。

次世代iPhoneのラインナップ

ラインナップはここ数年のXSとXR、11と11Proのようなエントリーモデルとハイエンドモデルになりそうです。

5G対応やここ数年のマイナーチェンジではなく大きな変化が起こることを期待されます。

現在可能性が高いラインナップは以下の通り。

  • iPhone12
  • iPhone12Max
  • iPhone12Pro
  • iPhone12ProMax


情報まとめ

iPhone12iPhone12MaxiPhone12ProiPhone12ProMax
ディスプレイ有機EL
5.4インチ
有機EL
6.1インチ
有機EL
6.1インチ
有機EL
6.7インチ
メモリ4GB4GB6GB6GB
ストレージ128GB
256GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
カメラデュアルカメラデュアルカメラトリプルカメラ、LiDARトリプルカメラ、LiDAR
価格$649(69,900円)
$749(80,700円)
$749(80,700円)
$849(91,400円)
$999(107,600円)
$1,099(118,300円)
$1,299(139,900円)
$1,099(118,300円)
$1,199(129,100円)
$1,399(150,700円)
チップセットA14 BionicA14 BionicA14 BionicA14 Bionic
5G対応対応対応対応
認証Face IDFace IDFace IDFace ID
発売日2020年9月2020年9月2020年9月2020年10月

サイズや重量、バッテリーなどの情報もありましたが、一貫性がなく信憑性が低いため記載していません。




ディスプレイ

iPhoneXからFace IDが搭載されてフルディスプレイ化が行われました。

フルディスプレイ化された以降の通常モデル(Not MAX)のディスプレイサイズは5.8インチ(XやXS)か6.1インチ(11)でした。

新発売のiPhoneのサイズが大きいことが理由で、購入をためらっていたユーザには5.4インチは朗報です。

寸法はそれらしいリーク情報はありませんでしたが、高さ131mm、幅64mmの可能性があるとのこと。

他のiPhoneとの比較結果は以下の通り。

iPhone12iPhoneXiPhoneXSiPhone11iPhoneSE
第1世代
iPhoneSE
第2世代
高さ131 mm143.6 mm143.6 mm150.9 mm123.8 mm138.4 mm
64 mm70.9 mm70.9 mm75.7 mm58.6 mm67.3 mm
重さ不明174 g177 g194 g113 g148 g

比べてみるとiPhoneX以降のモデルの中で、一番小さいことがわかります。

直近で発売したiPhoneSE第2世代よりも小さいです。

ネーミングがiPhone Miniになるという噂が出るのもうなずけます。

以下のようなユーザにオススメです。

  • 最近のiPhoneはディスプレイサイズが大きくて、片手操作が大変。
  • 最近のiPhoneは重くて、長く持ってると疲れる。

最新のiPhone11とiPhoneSE第1世代を比べると重さが2倍近く違うので、ずっとiPhoneを使ってる人は特に重さを感じているかもしれません。

しかし、iPhone12はエントリーモデルなのでハイスペックで小さくて軽いiPhoneが欲しい人は頭を悩ませることになりそうです。



カメラ

カメラはiPhone11シリーズと同様にエントリーモデル(iPhone12)はデュアルカメラ、ハイエンドモデル(iPhone12Pro)はトリプルカメラとなるようです。

さらにiPhone12Proには最新のiPadProにも搭載されたLiDARが使用できるとのこと。

これはARを使用した際に対象物との距離を測るために使用するものです。

ポケモンGOやドラクエウォークのようなARゲームなどで、新しい体験ができるようになるやもしれません。



価格

エントリーモデルはiPhone11と比べて約1万円安くなっています。

ハイエンドモデルはiPhone11Proと比べると5,000円前後安くなっています。

いずれも購入しやすくなっています。

iPhone12iPhone12MaxiPhone11iPhoneSE
第2世代
64GBなしなし74,800円44,800円
128GB69,900円80,700円79,800円49,800円
256GB80,700円91,400円90,800円60,800円
エントリーモデル

iPhone12ProiPhone12ProMaxiPhone11ProiPhone11ProMax
64GBなしなし106,800円119,800円
128GB107,600円118,300円なしなし
256GB118,300円129,100円122,800円135,800円
512GB139,900円150,700円144,800円157,800円
ハイエンドモデル





発売日

発売日についてはコロナの影響もあり、情報が錯そうしています。

例年通りであれば9/8(火)か9/15(火)のいずれかに発表、9/18(金)か9/25(金)のいずれかに発売となる可能性が高い。

しかしコロナの影響で発表が例年通り行われても発売日はiPhoneXの時のように遅れるのではないかとの予測もある。

とくにiPhone12ProMaxは発売が10月になるという情報もあり、大型ハイスペックモデル待ちのユーザはしばらく待つことになるかもしれません。