iPhoneXユーザがRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討

Rakuten UN-LIMITが6月17日までの期間限定でRakuten Mini一括1円のキャンペーンを開始しました。

定価は2万円近くするので、さらにおトク感が増しました。

もちろん1年料金無料キャンペーンの対象でもあります。

筆者はiPhoneXユーザのため、Rakuten UN-LIMITを使用できる端末がありませんでした。

そのため次世代iPhoneが発売されるまで、指をくわえて待っているつもりだったのですが・・

今回のキャンペーンを受けてRakuten UN-LIMITの申し込みを決意しました。

その検討経緯をまとめました。


iPhoneXユーザが乗り換えに二の足を踏む理由

  1. Rakuten UN-LIMITで提供されるSIMが使用できない
  2. 電話使い放題にならない
  3. 楽天回線⇔パートナー回線(au)が自動で行われない

1はiPhoneXやiPhone8のユーザのみの理由で、2,3は全てのiPhoneユーザがに当てはまります。

詳細はこちらの記事にまとめています。

iPhoneXユーザが乗り換えを決めた理由

今回のRakuten Min1円キャンペーンを受けて、Rakuten UN-LIMITで享受できるメリットは以下の3つと考えています。

  1. 1年間無料
  2. 通信容量上限なし(楽天エリアのみ)
  3. Rakuten Miniが1円

今回のキャンペーンによって3が追加されたことによって、乗り換えを決めました。

今回決断をした理由は

  1. Rakuten MiniがあればテザリングでiPhoneXが使用できる
  2. Rakuten Miniの分(約2万円)が追加でおトクになった
  3. キャンペーンによって楽天ユーザが急激に増加して300万人を超える可能性

です。

とくにテザリング運用でiPhoneXが使用できることが決め手です。

2台持ちは正直なところ面倒ですが、次世代iPhoneにはかなり期待しており購入を考えています。

Rakuten UN-LIMITはiPhoneXs,Xr以降のiPhoneは使用できますので、最新のiPhoneも使用できる可能性が高いです。

次世代iPhoneは例年通りであれば今秋発売されますので、もう半年もありません。


もう1つの今秋までキャンペーンが継続していたとしても、次世代iPhone発売にあわせてRakuten UN-LIMITの申し込みが急増するのでないかという懸念です。

筆者自身がそう考えていたように、次世代iPhoneもeSIMが使用できる可能性が高く、Rakuten UN-LIMITへの乗り換えも容易です。

1年間無料がなくなってから後悔しないために、今回申し込むことを決めました。


あとがき

1年間無料のキャンペーンはいつ終わるかわかりません。

次世代iPhoneが発売されるまで継続しているのであれば、筆者の場合も待つのが最適でしょう。

個人個人の契約状況など最適な選択肢は変わってきます。

この記事がRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討されている方の、検討材料の1つになれば幸いです。

そして申し込みしようとしたら繋がらないという・・



UQmobileの新プラン(スマホプランR)はおトクなのか

Rakuten UN-LIMITへの対抗とも言われているUQmobileの新プランを検討しました。

月額2,980円でデータ容量10G、容量超過後も1Mbpsの通信が可能というプランです。

楽天と筆者が契約しているmineoと気になる点を比べてみました。


比較結果

UQmobile
スマホプランR
楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT
mineo
Aプラン10GB
 データ容量10GB 無制限
楽天エリア外は5GB 
10GB
 料金(税抜き)2,980円  2,980円3,130円
 容量超過後の通信速度 1Mbps  1Mbps
楽天エリア外のみ
200kbps

結果を見るとすべての面でmineo<UQmobileとなりました。

mineoは6GBのプランがあるので、7GB以上の容量が必要な人はUQmobileを選択した方が良さそうです。

UQmobileと楽天モバイルの主な選択基準は通信エリアになりそうです。

楽天エリア内にお住いの方は楽天、お住まいでない方はUQmobileが妥当と思います。

他の楽天を選択する理由としては

  • 1年間無料
  • 通話無料(iPhoneは現時点では不可)
  • データ容量に制限なし(楽天エリアのみ)

が考えられます。


他にUQmobileを選択する理由としては

  • UQ家族割、ギガMAX割引 -500円

くらいでしょうか。


楽天とUQmobileがかなり価格を抑えてきたことで、他の格安SIMはこのままの料金体系ではやっていけないのではないでしょうか。

メインの大容量プランは大手、少ない容量のプランは格安SIMのように住み分けが進むのかもしれませんね。

価格競争によってさらにユーザがお得になることを願います。

rakutenunlimit rakutenunlimit

次世代iPhone(iPhone12)のうわさ情報まとめ

例年通り今秋の発売が期待される次世代iPhone(iPhone12相当)について、うわさやリーク情報を集めてまとめました。

コロナの影響で例年通り発売されるかどうかも心配なところです。

次世代iPhoneのラインナップ

ラインナップはここ数年のXSとXR、11と11Proのようなエントリーモデルとハイエンドモデルになりそうです。

5G対応やここ数年のマイナーチェンジではなく大きな変化が起こることを期待されます。

現在可能性が高いラインナップは以下の通り。

  • iPhone12
  • iPhone12Max
  • iPhone12Pro
  • iPhone12ProMax


情報まとめ

iPhone12iPhone12MaxiPhone12ProiPhone12ProMax
ディスプレイ有機EL
5.4インチ
有機EL
6.1インチ
有機EL
6.1インチ
有機EL
6.7インチ
メモリ4GB4GB6GB6GB
ストレージ128GB
256GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
カメラデュアルカメラデュアルカメラトリプルカメラ、LiDARトリプルカメラ、LiDAR
価格$649(69,900円)
$749(80,700円)
$749(80,700円)
$849(91,400円)
$999(107,600円)
$1,099(118,300円)
$1,299(139,900円)
$1,099(118,300円)
$1,199(129,100円)
$1,399(150,700円)
チップセットA14 BionicA14 BionicA14 BionicA14 Bionic
5G対応対応対応対応
認証Face IDFace IDFace IDFace ID
発売日2020年9月2020年9月2020年9月2020年10月

サイズや重量、バッテリーなどの情報もありましたが、一貫性がなく信憑性が低いため記載していません。




ディスプレイ

iPhoneXからFace IDが搭載されてフルディスプレイ化が行われました。

フルディスプレイ化された以降の通常モデル(Not MAX)のディスプレイサイズは5.8インチ(XやXS)か6.1インチ(11)でした。

新発売のiPhoneのサイズが大きいことが理由で、購入をためらっていたユーザには5.4インチは朗報です。

寸法はそれらしいリーク情報はありませんでしたが、高さ131mm、幅64mmの可能性があるとのこと。

他のiPhoneとの比較結果は以下の通り。

iPhone12iPhoneXiPhoneXSiPhone11iPhoneSE
第1世代
iPhoneSE
第2世代
高さ131 mm143.6 mm143.6 mm150.9 mm123.8 mm138.4 mm
64 mm70.9 mm70.9 mm75.7 mm58.6 mm67.3 mm
重さ不明174 g177 g194 g113 g148 g

比べてみるとiPhoneX以降のモデルの中で、一番小さいことがわかります。

直近で発売したiPhoneSE第2世代よりも小さいです。

ネーミングがiPhone Miniになるという噂が出るのもうなずけます。

以下のようなユーザにオススメです。

  • 最近のiPhoneはディスプレイサイズが大きくて、片手操作が大変。
  • 最近のiPhoneは重くて、長く持ってると疲れる。

最新のiPhone11とiPhoneSE第1世代を比べると重さが2倍近く違うので、ずっとiPhoneを使ってる人は特に重さを感じているかもしれません。

しかし、iPhone12はエントリーモデルなのでハイスペックで小さくて軽いiPhoneが欲しい人は頭を悩ませることになりそうです。



カメラ

カメラはiPhone11シリーズと同様にエントリーモデル(iPhone12)はデュアルカメラ、ハイエンドモデル(iPhone12Pro)はトリプルカメラとなるようです。

さらにiPhone12Proには最新のiPadProにも搭載されたLiDARが使用できるとのこと。

これはARを使用した際に対象物との距離を測るために使用するものです。

ポケモンGOやドラクエウォークのようなARゲームなどで、新しい体験ができるようになるやもしれません。



価格

エントリーモデルはiPhone11と比べて約1万円安くなっています。

ハイエンドモデルはiPhone11Proと比べると5,000円前後安くなっています。

いずれも購入しやすくなっています。

iPhone12iPhone12MaxiPhone11iPhoneSE
第2世代
64GBなしなし74,800円44,800円
128GB69,900円80,700円79,800円49,800円
256GB80,700円91,400円90,800円60,800円
エントリーモデル

iPhone12ProiPhone12ProMaxiPhone11ProiPhone11ProMax
64GBなしなし106,800円119,800円
128GB107,600円118,300円なしなし
256GB118,300円129,100円122,800円135,800円
512GB139,900円150,700円144,800円157,800円
ハイエンドモデル





発売日

発売日についてはコロナの影響もあり、情報が錯そうしています。

例年通りであれば9/8(火)か9/15(火)のいずれかに発表、9/18(金)か9/25(金)のいずれかに発売となる可能性が高い。

しかしコロナの影響で発表が例年通り行われても発売日はiPhoneXの時のように遅れるのではないかとの予測もある。

とくにiPhone12ProMaxは発売が10月になるという情報もあり、大型ハイスペックモデル待ちのユーザはしばらく待つことになるかもしれません。




iPhoneでRakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討

プラン料金1年間無料キャンペーンが非常に魅力的なRakuten UN-LIMIT。

iPhoneユーザで乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

乗り換えに際して気になることをいくつか調べてみました。

rakutenunlimit rakutenunlimit




iPhoneは利用可能なのか

そもそも前提として利用可能かどうかを確認します。

少なくとも楽天モバイルからはiPhoneは提供されていません。

 

iPhone用の初期設定ガイドが用意されているので、使用できることは間違いないようです。

しかし全てのiPhoneが使用できるわけではありませんでした。

iPhoneX以降の機種の使用可否をまとめました。

機種SIMフリーdocomoauSoftBank
iPhone SE (第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max 
iPhone XR
iPhone X×– ××

iPhoneXが使用できず、iPhoneXR,XS以降の機種は使用できるようです。

 

さらにすべてのiPhoneに対して「このスマホは一部の機能がご利用いただけます。」と表示されます。

一部の機能の詳細は以下の通りです。

・SMS(パートナー回線)
 説明がありませんが、パートナー回線利用時にSMSが使用できないということでしょうか。
 特に支障はないように思います。

・APN自動設定 海外/国内
 前述の初期設定ガイドにそって自身で初期セットアップが必要ということでしょうか。
 こちらも特にも問題ないです。

・接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線)
 「楽天回線エリアでの、楽天回線への自動接続機能です。自動接続ができない場合、楽天回線エリアでもパートナー回線エリアのデータ容量5GB/月を消費する場合があります。」とあります。
 楽天回線が使用できないエリアの場合に、5GB/月だけパートナー回線(au)を使用できます。
 しかしこの説明だと切り替えが自動で行われないうえに、使用した接続量は5GBから差し引くと読めます。
 一番ネックな機能制限です。

・ETWS
 「緊急地震速報、津波警報の受信、緊急情報発信時の高精度な位置情報測位などの機能です。」とあります。
 重要な機能ですが高精度でなくてもどうにかなりそうです。

・110/119通話などでの高精度な位置情報測位
 同上。

上記は2020/5/22時点の情報です。最新情報はこちら

電話かけ放題にならないことに注意

Rakuten UN-LIMITでは2,980円で電話もかけ放題とうたっています。

しかしこの恩恵がiPhoneでは受けることができません。

かけ放題は専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使用する必要があります。

このアプリがAndroid向けしか提供されていませんので、iPhoneは通常の20円/30秒の料金を支払うことになります。

電話する時間が長い人は注意です。

iPhoneユーザはiOS版アプリが出るのを首を長くして待ちましょう。



乗り換えするべきかいなか

筆者は残念ながらiPhoneXなので、乗り換えができません。

iPhoneXR以降の機種を持っていた場合に、乗り換えするかどうかを検討し、2つのパターンを考えてみました。

乗り換えパターン1

利用状況

  • 電話はあんまりしないので、かけ放題プランにはしていない
  • 月額3,000円以上 または 通信容量がいつもかつかつ

乗り換え方法

MNPでRakuten UN-LIMITに変更。

電話使い放題ではないが、もともと使用頻度が低いので問題なし。

月額固定で通信容量を気にしなくて良くなる。

1年間無料が適用されると3,000円×12か月=36,000円もお得。

元々の利用料金が0円になるので、1年目は70,000円以上の節約効果があるかもしれませんね。
よくわからない計算をしていたので取消 2020/5/28

乗り換えパターン2

利用状況

  • 電話をよく利用するので、かけ放題プラン
  • 月額3,000円以上 または 通信容量がいつもかつかつ
  • デュアルSIM対応端末

乗り換え方法

新規でRakuten UN-LIMITを申し込み。

既存回線は通話のみのプランに切り替えるか、通話のみで安いキャリアにMNP(月額-2,000円程度を想定)

電話使い放題は維持した状態でRakuten UN-LIMITのメリットを受けられる方法です。

1年間無料が適用されると2,000円×12か月=24,000円もお得。
こちらも1年間無料が適用されると、1年目は60,000円程度の節約効果がありそうです。
よくわからない計算をしていたので取消 2020/5/28

Rakuten UN-LIMITを試してみたいけど、いろいろデメリットが気になるというかたもパターン2の乗り換えをおススメです。

最悪の場合でも現在のキャリアの通信が使用できますので安心です。

Rakuten UN-LIMITはMNPする場合に違約金もないので、元のキャリアに戻すのも容易です。(転出手数料は必要です。)

まとめ

1年間無料が絶大過ぎてほとんどの人が乗り換えた方が良いと思えるくらいです。

1年間無料期間を過ぎたら元のキャリアに戻すのもありなので、楽天回線エリアにお住まいの人は是非ご検討ください


iPhoneXユーザの筆者は次世代機を待つことにします。

それまでキャンペーンが行われていますように・・